最近のコメント

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブックマーク

« 2013年1月 | トップページ

土地活用のベストな権利関係

介護事業をしようとする人にとって なくてはならないのが、土地や建物の不動産です。

そうですよね、箱がなければ高齢者を集めて住まわせたり、サービスを提供すら

できませんよね。

そして多くの まだ介護事業者として指定申請もしていない人にとっては、

潤沢な資金がありません。ウーー悲しい。

それではどうやって始めればいいの?いつからできるの?

一生できないのではないですか?と言われそうですが・・・出来るんです。

できると信じてください。

人と人のつながりで・・・・はじめるんです。

人のつながり?

それは建貸しという方法です。建てて貸してくれる土地のオーナーさんを

見つけ出すのです。

不動産活用セミナーに出てみたり、不動産会社に探すように頼んだり・・・。

いろいろあると思います。

もちろん建貸しでも、始めるときは法人設立やら、指定申請やら、

従業員集めやその教育・給与に、お金が必要です。

始めたあとでも、国保連からの入金サイクルは2ヶ月遅れなので、

それまでのつなぎ資金は必要です。

あっと、それより、入居者の募集もしなければいけませんね。

それらを考慮すると、借り入れは必要でしょう。

しかし今では大きくなってしまった事業者を見てみますと、はじめは

民家を改装した宅老所だったり、宅配弁当だったり、それを発展させて

訪問介護をしたりと、いろいろと頑張ってきて大きくなることが多いです。

はじめはその人の信念や決断だけです。

決断は一瞬です。(( ゚―゚))”ガンバレ。

建て貸しに話を戻しますと、都市部でも土地が余ってきているし、地下の価格が抑えられえいる今、

土地オーナーさんは、なんとか有利な土地活用をしたいと模索しています。

一括借り上げをしている保障会社もあります。

昔だったらすぐにマンションにする土地も、結構シルバーにしたいという地主が多いです。

そして建貸しでもいいという地主も多くなってきています。

はたまた借り入れはしたくないので、土地だけ貸したいという地主もいます。

しかし、今風は吹いています。

誤っても社会福祉法人にしてからとか、2000万円貯めてからとかでなく、今すぐに決断するのです。

---------------------------------------------------------

㈲K.A.O(経営王と呼んでください) 山本和弘

http://www6.ocn.ne.jp/~kao1/

kao1@poplar.ocn.ne.jp

名古屋市千種区希望ヶ丘4-3-15

TEL052-763-7763 FAX052-763-7769

福祉施設の立ち上げ、公募書類作成、福祉施設設計、入居GH紹介、

遺言書作成、資産の組替等、ご希望があればメールください。

« 2013年1月 | トップページ