最近のコメント

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブックマーク

« 和田行男と言う男 その3 | トップページ | 和田行男と言う男 その5 »

和田行男と言う男 その4

004

福祉施設ではあるまじき写真?。

この写真には、玄関に当然のように段差がありますが、これはれっきとした、福祉施設です。

我々建築を目指している者としては、バリアフリーは当然にしなければいけない事として、認識していますが、「和田行男」はそれにあえて挑戦しています。

生活には、その動作(≒感情)と記憶がペアになって刻まれてゆきます。

玄関で靴を脱ぐ≒これから家に上がると言う認識になる。

服を脱いで、お風呂に入る。

寝る前に布団を敷く。

起きて蒲団をたたむ。

など動作と記憶が一つになって、生活リズムができてゆきます。

その人なりのリズムで十分です。

今は御布団で寝る方が少なくなっていると思います。

ベットの方が圧倒的に多くなっているように思います。

しかしこれもあえて挑戦しております。

部屋はすべて畳敷き(洗える畳)です。

私のHPから見る事ができます。

ただ今、KAOでは福祉施設経営・土地活用のメルマガを配信しております。ぜひご登録ください。

« 和田行男と言う男 その3 | トップページ | 和田行男と言う男 その5 »

福祉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和田行男と言う男 その4:

« 和田行男と言う男 その3 | トップページ | 和田行男と言う男 その5 »