最近のコメント

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブックマーク

« 2010年7月 | トップページ | 2011年6月 »

池田 学著 「認知症」の紹介

池田さんの「認知症 専門医が語る診断・治療・ケア」の本は、一言で何がいいかというと、認知症のタイプ

例えば血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭変性症等の診断が出来れば、これから起きる事があ

る程度予測でき、介護する人の心の持ちようや注意事項など、あらかじめ準備出来る点である。

今まで認知症といった場合、全て同じ対応で介護しようとしていたと思います。

そのための思わぬ「ヒヤリハット」があり、心の休まぬ事が無い状態だったと思います。

少しでも未来に対しての心構えを得る事が出来る数少ない本である。

メルマガはじめました。 良ければ御登録をお願いいたします。 → 登録

和田行男著 「大逆転の痴呆ケア」の紹介

現在、和田行男さんと、名古屋市内で一緒にグループホームの計画をしています。

メルマガはじめました。 良ければ御登録をお願いいたします。 → 登録

和田さんと言えば 

大逆転の痴呆ケア」を書かれた有名な方ですが、

少し内容を紹介しますと、

帰宅欲求は能力、献立会議は食事の華、病気を持って病人にならず、掃除は宝の山、

死をタブーにしない等当たり前のことを当たり前に語っており、決して学者や医者という高いところから、

見るのではなく、近くに寄り添い生活者のまなざしでつづられている良書です。

またお会いし実際にお話しすると、非常に気さくな方です。

希望されるグループホームのプランも明快分かりやすい。

会えば合うほど、物腰の柔らかなところと裏腹に心が強く、一緒に仕事がしたいと思わせる人です。

竣工した暁には、ぜひ一緒に祝杯をあげたいと思います。

メルマガはじめました。 良ければ御登録をお願いいたします。 → 登録

« 2010年7月 | トップページ | 2011年6月 »